マンツーマンの授業を受けられるフィリピン語学留学

フィリピン留学はTOEIC対策にピッタリ

TOEICのスコアを伸ばすことを目的とした、フィリピンへの語学留学は、きわめて有効だと言えます。なぜなら、日本人が母国語である日本語とは別に英語を勉強するように、フィリピン人も母国語とは別に英語を勉強しているからです。しかも、英語を話す人の数が、世界で3番目に多いといわれるほど、フィリピンの英語環境は徹底しています。フィリピンでは、小学校で英語を勉強し始めると、国語の授業以外は全て英語で行われます。ここが日本と大きく異なる点です。
また、フィリピンの失業率は高く、仕事に就きたくても就けない人が少なくありません。しかし、英語を習得したフィリピン人は、国内でも仕事に就きやすく、さらには海外に仕事を求めて出ることも容易になります。そうした経済状況を背景に、フィリピン人の英語学習熱は非常に高く、英語以外使わない家庭も珍しくありません。
いわば生きるための英語習得を子供の頃から義務付けられて来たフィリピン人の意欲は、就職など何らかの理由でTOEICのスコアを伸ばすことを目指す日本人の学習意欲と、重なった部分があるといえるのではないでしょうか。そのうえ欧米に比べ、日本から4時間で着くフィリピンは渡航費用を含め、滞在費も割安です。格安な金額で、英語学習意欲の高いフィリピン人から、マンツーマンの授業を受けられるフィリピン語学留学が、TOEIC対策に向く所以です。

toeicはフィリピン留学がおすすめ

toeicを学ぶために留学先としてフィリピンがおすすめな理由は、他国ではないマンツーマンでtoeicの授業を受けることができるからです。フィリピン留学ではtoeic対策としてマンツーマン形式で授業を行います。苦手な部分もしっかりと勉強できるため、バランスよく点数を上げることができます。短期間で200から300点も点数を上げた人もいるくらい、このマンツーマンによる授業の成果は大きいのです。
日本と韓国以外の外国ではtoeicはあまり知られていません。欧米ではtoeflやieltsの点数の提示を求められることが大抵で、toeicの点数は意味がない場合もあるようです。そんな中でtoeicを学習できる語学学校を欧米で見つけるのは大変なことです。toeicの点数を上げるにはどれくらいの留学期間が必要なのかというと、150から200点前後上げるなら3カ月(12週間)は最低でも必要だと思ってください。
toeic対策授業で人気のある語学学校では「点数保証コース」を用意していることもあります。こういったコースの場合は大抵3カ月以上の留学生だけが保証の対象になるようです。逆に言うと、3カ月あれば目標とする点数アップを達成する上達を感じることができるということになります。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月24日
カスタマイズ可能なフィリピン留学を更新。
2017年08月24日
フィリピン留学のメリットとデメリットを更新。
2017年08月24日
比較的安価なフィリピン留学を更新。
2017年08月24日
マンツーマンの授業を受けられるフィリピン語学留学を更新。

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930